ミンティアが口臭の原因になる?

ミンティアの成分は?

ミンティアに配合されている成分は、甘味料であるソルビトールやアスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物などがメインになっています。

それから、さらに香料やショ糖エステル、微粒酸化ケイ素などが含まれます。

ミンティアにはいろいろなフレーバーがあり、それぞれに少しずつ成分の違いがあり、カフェインが含まれるものや着色料、ビタミンCなどを配合してあるものもあります。

ただし、どのフレーバーを見てみても、やはり原材料名で最初に記載されているのは甘味料であり、成分のほとんどが甘味料でできた食品であると考えても良いでしょう。

また、香料や着色料などの人工的な添加物が含まれているという点も、気になるところですね。

ミンティアを食べたあとは歯磨き必須?

ミンティアに含まれる成分から、この食品には多くの甘味料が使用されているということが分かりました。

様々な糖分が含まれているため、これを食べた後、口の中をそのままにしていると、虫歯が起こりやすい状態になってしまうということが考えられます。

また、虫歯菌が発生しやすい状態になっているということは、口臭が起こりやすい状態でもあると言えます。

口の中を清潔に保つことが、虫歯予防・口臭予防のための重要なポイントとなりますので、ミンティアの摂取後には歯磨きをすることが大切です。

この食品は一時的に口の中を爽やかにしてくれる効果があるため、「歯に良いもの」と勘違いしてしまう方が少なくありません。

中には歯磨き後にこれを食べてしまう方もいますが、無意味どころか虫歯の原因になるのでやめましょう。

ミンティアと口臭の関係

ミンティアは食後の口臭対策に役立つ食品というイメージですが、これは根本的に口臭を解決しているものではありません。

爽やかな香りなどを口の中に広げることにより、いわば口のニオイを他の香りでごまかそうとしているだけのものになります。

また、清涼感があるお菓子ですので、その清涼感によりニオイが気になりにくくなるというメリットもあります。

ですが、いずれも口臭の原因に働きかけるものではありませんので、一時的に口臭をごまかすことができても、時間の経過と共に、口臭が再発してきてしまうのです。

ミンティアと口臭のまとめ

ミンティアはあくまでも、口臭を一時的にごまかすためのものであり、食べ過ぎたり、摂取後に歯磨きをしなければ、かえって虫歯やニオイの原因になってしまいます。

口のニオイに対策していくためには、このような清涼感のあるお菓子の力を借りるのではなく、食後にきちんと歯磨きをしたり、生活習慣を改めることで体の内側から発せられるニオイの対策をしていくことが大切です。

糖分たっぷりのこういった食品は、食べ過ぎれば健康を害する原因にもなりますので注意しましょう。

>旦那の口臭対策ランキング

関連記事

口内環境と口臭の関係について

口が臭い時の対策はどうすればいい?

口がネバネバしたら口臭も危険?

ジメチルサルファイドが旦那の口臭の原因?臭わない予防策は

旦那の口臭の原因がドライマウスかも?

デオアタックは旦那の口臭に効果的?