ジメチルサルファイドが旦那の口臭の原因?臭わない予防策は

ジメチルサルファイドとはどんな臭い?

口臭の代表的な臭い成分の一つであるジメチルサルファイドは水に溶けにくい有機硫黄化合物で強い悪臭を放つ成分です

一般的には生ゴミのような臭いとされていますが、さらに分かりやすくイメージを絞るとキャベツが腐ったような臭いとされます。

また海辺の近くで発生する深いな塩臭さも、海洋プランクトンがつくるジメチルサルファイドが原因となっていますので、生ゴミでイメージしづらい場合は、そちらの臭いをイメージするとよいでしょう。

人によって臭いのイメージは若干異なるのですが、もしも、口の中から生ごみのような臭いや海辺の深いな塩臭さを感じた時には、この成分が体内から発生していると考えて、早めに対策を考えるべきです。

さすがに旦那はこういう臭いではなかったので、原因は違うと思いますけど、生ごみのような口臭だったらホント厳しいですよね(汗)

ジメチルサルファイドが発生する原因は?

ジメチルサルファイドが発生する原因はいくつかありますが、まず挙げられるのが消化器系や肝臓などの内臓疾患です。

例えば、暴飲暴食や過度なアルコール、喫煙などによってこれらの機能が低下すると、本来、分解された状態で腸へ運ばれる食べ物などが上手く運べなくなります。

すると体内で発酵して臭いを放つようになり、それが腸で吸収されることで血液と一緒に肺へ運ばれ、呼気となって悪臭を放つようになるのです。

また内臓疾患以外では歯周病や食べ物自体の臭いなども原因となります。

他にも女性の場合は、メカニズムは解明されていませんが、生理前や妊娠中などホルモンバランスが乱れることが原因となって発生することがあります。

ジメチルサルファイドが発生する原因は、このように数多くあるためため、臭いが気になった時にはその原因を特定することが大切なのです。

ジメチルサルファイドを抑える方法は?

ジメチルサルファイドを抑える方法は、それが発生している原因によって違いますが、まず消化器や肝臓の病気、歯周病などがないのかを調べることが重要です。

もしも、そこでなんらかの異常が見つかった場合は、適切な治療を受けることで抑えることができます。

またこうした異常がない場合は、生活習慣を見直すことが改善方法となります。

病気ではなくとも、日々の生活習慣は消化機能や肝機能に影響を与えるものですし、自律神経やホルモンバランスを乱すこともあります。

規則正しい生活やバランスのとれた食事、適度な運動や睡眠が大切なのです。

ジメチルサルファイドと口臭まとめ

ジメチルサルファイドで起こる口臭は、主に口内や内臓疾患といった病的な原因が絡んだ口臭であることが多く、自覚症状に乏しいという特徴があります。

そのため、周りから指摘されることで初めて気づくということも多いのですが、もしも、指摘された時には、原因となる病気の治療を早めに受けることで改善することができます。

また生活習慣も関係してくるため、不摂生にならないように日頃から気を付け、ベストな体調を維持するように心掛けることが結果として口臭予防に繋がるのです。

>旦那の口臭ランキング

関連記事

旦那の口臭の原因がドライマウスかも?

口がネバネバしたら口臭も危険?

メチルメルカプタンの臭いは口臭のもと?注意点は知っていますか

ミンティアが口臭の原因になる?

デオアタックは旦那の口臭に効果的?

口内環境と口臭の関係について