歯周炎は旦那はまだ大丈夫だと思いますけど、お年寄りだけとは限りませんからね。口臭にも関係ありますので、意識しておいて損はないと思います。

歯周炎とは?

歯茎と歯の隙間に歯垢がたまり、そこに生息する細菌が歯茎に炎症を起こす歯肉炎を引き起こします。

そのまま放置していると、歯周病の原因である歯周病菌が歯茎だけでなく歯槽骨やセメント質など歯周組織を破壊、吸収していき更に細菌が繁殖しやすい歯周ポケットへと進んでいきます。

このような状態を歯周炎といいます。

症状は軽度であればまだ歯を支える事ができるのですが、重症化すると歯を支える歯槽骨の多くが壊されるために歯がぐらついてしまいます。最終的には、歯を失う恐れもあります。

ほんと怖いですよね。

突然重症化するのではなく、徐々に進行していく病気ですから、早めに発見をして治療をしていけば対処する事が可能です。

ただし、歯槽骨が破壊されてしまうと、骨を元の状態に戻すことは出来ません。

旦那はまだそこまで進行していないと思いますので、ある意味早めに対策を始めて良かったと言えるかもしれませんね。

歯周炎だと口臭が臭い?

歯周炎は腫れ、出血などで自覚する事もできますが、口臭が臭うので周囲の人達が気づくこともあります。

なぜ、炎症が臭いをもたらすのかというと、歯と歯茎の間にできる歯周ポケットには磨き残し出来てた汚れが歯垢となって残り、そこに細菌が繁殖するからです。

細菌が繁殖すれば腐敗をもたらしますし、細菌を退治しようと免疫が働きその結果として、白血球や細菌の死骸によってできる膿が歯周ポケットに溜まっていくのです。

これらの要因が複合的に作用しあうと強烈な口臭をもたらします。

臭いがキツくなれば、会社や学校で近くにいる人達に大変な迷惑をかけることになります。

会話をする度に悪臭が漂うのですから、なるべく離れようとするかもしれません。それでは、日常生活に支障をきたしますから、一刻も早く対処するべきです。

夫婦間だけでなく、外で旦那が周りに迷惑をかけるというのは、やはり見直さなければいけないんですよね。

歯周炎対策

歯周炎の対策ということで、そうならないために予防することと、なってしまった時に進行を止めることを考えなければいけません。

予防はどうすればできるのかというと、基本的には歯肉ポケット、歯周ポケットに歯垢が出来ないよう毎日の歯磨きを丁寧にすることです。

それから、念には念を入れて定期的に歯科医院で検診を受けておくことも良いでしょう。その時に歯垢が固まった歯石を取ってもらえば、細菌の繁殖を防げます。

では、すでになってしまったときにはどうするかというと、軽度であれば歯磨きと歯垢の除去で、進行している場合には歯茎を切開して膿を取り除いたり、歯と骨の再生手術を行う、といった大掛かりな治療が必要です。

歯周炎と口臭まとめ

歯周炎による口臭は、日々の歯磨きで汚れが口腔内、とくに歯と歯茎の間にある歯周ポケットに溜まることで細菌が繁殖することが原因です。

歯科医師の指導を受けて正しい歯磨きの方法を学び、定期検診でそれでも出来てしまった歯垢を取り除くといったことで、口臭は軽減することができます。

単に臭いがするというだけでなく、その状態はすでに歯を失う一歩手前であるということを理解して、決して放置することがないように心がけるようにしましょう。

>旦那の口臭が変わったサプリランキングはこちら

口臭コラムの関連記事
  • 歯周炎と口臭の関係・口内ケアはどうしたらいい?
  • 旦那の口臭の原因がドライマウスかも?
  • デオアタックは旦那の口臭に効果的?
  • 口内環境と口臭の関係について
  • ジメチルサルファイドが旦那の口臭の原因?臭わない予防策は
  • メチルメルカプタンの臭いは口臭のもと?注意点は知っていますか
おすすめの記事
口臭コラム
目次1 デオアタックとは?成分は?2 デオアタックは旦那の口臭に効果がある?3 デオアタックは副作用はある?4 デオアタックまとめ デオアタ...
口臭コラム
目次1 口内環境を悪くする原因は?2 口内環境は口臭に影響する?3 口内環境を良くする方法は?4 口内環境と口臭まとめ 口内環境を悪くする原...