旦那の口臭の原因がドライマウスかも?

旦那はドライマウスだった?治し方は

ドライマウスの原因とは?

旦那ももしかしたらドライマウスかもしれませんが、ドライマウスになる原因は複数あり、人によってどういう理由が当てはまるか異なります。

よく挙げられるのが口呼吸によるもので、呼吸をする際に鼻で空気を吸うのではなく口で空気を吸ってしまうために口の中の粘膜が乾燥してしまうケース。

また、食事中の咀嚼(そしゃく)回数が少ない場合も原因の一つとなります。

旦那もあまりよくかまないんですよね・・・。男の人ってけっこうそうですよね(汗)

口内は唾液によって乾燥を防ぐ効果がありますが、食事をしたときに咀嚼回数が少ないと唾液の量が少なくなって乾燥します。

同様に、柔らかいものを食べたときは必然的に咀嚼回数が少なくなり口内が乾燥するため食事の内容に原因がある場合も珍しくありません。

他にも薬による副作用や緊張状態が続くために起こる乾燥、病気の影響などが原因になります。

ドライマウスの症状と口臭

ドライマウスになると様々な症状が現れます。

虫歯が出来やすくなったり歯周病になりやすいケースの他にも、舌が炎症を起こして痛みが出たり口内炎も出来やすくなってしまいます。

ものが飲み込みにくくなるというのも症状の一つで、唾液によって口に入れた食べ物をまとめられずに口の中で咀嚼したものが分散してしまい、飲み込むのに苦労するようになります。

そして、ドライマウスの症状として最も有名なものが口臭です。口から発せられるくさい臭いは舌にある舌苔で作れています。

正常な状態であれば唾液によって舌苔は洗い流されますが、唾液量が少なく口内が乾燥している場合は舌苔が残ってしまい、臭いを発するんです。

旦那もこのパターンが考えられるんですよね。舌がやはり白くなっているので、舌苔がけっこうたまっていたはずです。

ドライマウスの治し方

ドライマウスを治すためには、唾液の分泌量を増やすことが大切です。ものを食べたときは意識して咀嚼回数を増やし、水分を積極的に摂るように心がけます。

また、乾燥を防ぐためにマスクを着用することも良い方法です。特に睡眠時は無意識のうちに口を開けてしまい乾燥してしまうため、マウスピースなどを着けて寝ることがおすすめです。

また、歯科や口腔外科で診察を受けると、人工唾液やうがい薬のほかに唾液分泌を促進する薬などで対症療法を行います。

旦那にもサプリの他にこういう点も意識してもらうようにしています。

ドライマウスと口臭まとめ

ドライマウスになると虫歯や歯周病になりやすいという症状がありますが、口臭が発生することでコミュニケーションに問題が出る可能性が高くなります。

社会生活を営むことが難しくなる場合もあるので、普段から予防に努めることが必要です。

口臭が発生してしまった場合は、食事中や睡眠時に口内を乾燥させないことを心がけ早期の改善を目指さなければなりません。

対策を行えば治ることがほとんどなので、意識して改善に取り組むことが大切なのです。

>旦那の口臭対策ランキングはこちら

関連記事

歯周炎と口臭の関係・口内ケアはどうしたらいい?

口が臭い時の対策はどうすればいい?

メチルメルカプタンの臭いは口臭のもと?注意点は知っていますか

ジメチルサルファイドが旦那の口臭の原因?臭わない予防策は

口内環境と口臭の関係について

口がネバネバしたら口臭も危険?